07 図書館

2017年12月 4日 (月)

図書館展示企画2017年度 第3回

タイトル:子どもと遊び:将棋と囲碁

期間:2017年12月~2018年3月

担当:星美学園短期大学教授 中島千恵子


Dsc_3303


 古来、日本で親しまれてきた代表的なボードゲームに、「将棋」や「囲碁」があります。

それぞれのゲームは、二人で行います。将棋は、縦横九マスずつに区切られた将棋盤と将棋駒を使います。駒は玉将、飛車、角行、金将、銀将、桂馬、香車、歩兵の八種類があり、相手の「玉将」を先に捕獲した方が勝ちとなります。

 一方、囲碁は、縦横十九マスに区切られた碁盤と白黒の碁石を使います。自分の石で、盤面のより広い領域を確保した方が勝ちとなります。

 これらのゲームのルールは、幼児には複雑なため、ボードのマス目を減らして、駒の動きを簡略化した子ども用のパズルがあります。今回は、これらの玩具を中心に展示いたします。

Dsc_3307  

 まず、「どうぶつしょうぎ」は、三×四の盤面と、ライオン、ぞう、きりん、ひよこの四種類の動物の駒を用います。相手の「ライオン」の駒を先に捕まえた方が勝ちです。女流棋士の北尾まどか二段がルールを考案され、元女流棋士の藤田麻衣子氏がイラストをデザインされました。

Dsc_3309  

 次に、「よんろのご」は、リンゴの木が描かれた四×四の盤(四路盤)に、赤と黄の色の木製「リンゴ」を置いて、石の取り方を学ぶことができるパズルです。張栩九段が監修されました。

 それぞれのパズルは、駒を動物や果物に置き換えることで、子ども達が視覚的に楽しみながら、将棋や囲碁のルールを学べるところが秀逸です。

 なお、「どうぶつしょうぎ」の遊び方には、始めと終わりに挨拶することが明記されています。また、羽生善治棋聖も、子どもの頃に将棋道場で身に付けた基本的なことに、「技術的なことだけではなく、礼儀作法や道具を丁寧に扱うこと」をあげています。これらの遊びを通して、子ども達自身が、自分で考えることの楽しさを覚え、相手のことを思いやる心を成長させる場になることを願っています。

 

参考文献

羽生善治,『直感力』,PHP新書, (株)PHP研究所, 2012

羽生善治,『大局観』,角川新書, (株)KADOKAWA, 2011


星美学園短期大学図書館

03-3906-0056(代)



2017年11月17日 (金)

【図書館】図書特集コーナーを更新しました

今回の図書特集コーナーのNEWテーマは!

『モンテッソーリ教育』 

Dsc_3278_2 


モンテッソーリ教育とは、20世紀初頭にイタリアの女性医師、マリア・モンテッソーリが考案し、世界中で支持されている教育法です。

最年少プロ棋士・藤井聡太四段も、3歳からモンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園に通い学んでいたそうです。

今注目を浴びるモンテッソーリ教育の目的はそれぞれの発達段階にある子どもを援助し、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」ことだと言われています。

今回の特集コーナーでは、いま最も注目されている教育法「モンテッソーリ教育」についての図書をいくつかご紹介いたします。

Dsc_3276  

図書館正面の「図書特集コーナー」に展示してあります。


星美学園短期大学図書館

telephone 03-3906-0056(代)

2017年11月15日 (水)

【図書館】絵本特集コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのNEWテーマは!

「絵本で温まろう!冬の絵本」

Dsc_3273 


気がつけば今年もまた寒~い冬の季節が近づいてきました。

「寒くて部屋から出たくない・・・。」という時に読んでほしい絵本を特集コーナーに展示しています。

冬をテーマに描いている絵本、寒くても和める絵本や楽しめる絵本などなど、いろいろあります。

温かい部屋でゆっくり読んでください。 

Dsc_3275 


星美学園短期大学図書館

telephone 03-3906-0056(代)

2017年9月21日 (木)

【図書館】幼児教育総合研究(卒業研究)用の貸出について

幼児教育総合研究(卒業研究)に取りかかっている専攻科幼児保育専攻科生のみなさん、星美学園短期大学図書館では、毎年、『卒業研究参考資料貸出』を行っていますが、ご存じですかsign02

貸出期間は、卒業研究を行う年次の後期開始日(9/19)より、論文提出締め切り日までですsign01

1回の貸出日数は、4週間(約28日間)です。


資料の検索・参考文献の探し方などのご質問やご相談にも応じていますwink

資料が見つからない、うまく収集できないときは、ご相談ください。

Img_20130129_112416907_2

のんびりしていると、あっという間に提出締め切り日ですsign03

早めに取りかかりましょうhappy01note


保育を学ぶ 星美学園短期大学 SEIBI Gakuen College 

星美学園短期大学図書館

telephone 03-3906-0056(代表)

【図書館】学生からのリクエストを受付しています

学生の皆さん、ご存じですかsign01
学習や研究に必要な図書などを図書館にリクエストすることができますよhappy01

Photo


リクエスト希望する方は、図書館にお申し出ください。

【お申し込み方法】

館内に置いてあるリクエスト用紙に必要事項を記入し、リクエストBOXに投函してください。

貸し出しが可能になりましたら、メールで連絡いたします。


なお、次に該当するものは購入できません。あらかじめご了承ください。

1.図書館の所蔵資料として適切でない資料(マンガ、個人の趣味によるもの)の場合

2.購入希望理由の記載がない場合

3.申込者1人につき、1か月に3冊以上の購入となる場合

4. 1冊あたりの定価が1万円以上の場合


不明な点がありましたら、いつでも図書館員にお尋ねください。

【お問い合わせ先】 

星美学園短期大学図書館 telephone 03-3906-0056(代表)






【図書館】絵本特集コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのNEWテーマは!

「秋を感じる絵本」

10


暑い夏も終わり、秋を感じる季節になりました。

この時期の行事といえば、「ハロウィーン」。
 
今回の特集では、「ハロウィーン」や「秋」を テーマに描いた絵本を紹介します。

絵本特集コーナーに展示してあります。 学生の皆さん、ぜひ読みにきてくださいhappy01

10_3 


星美学園短期大学図書館

telephone 03-3906-0056(代)

2017年6月22日 (木)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのNEWテーマは!

『おしゃれで素敵な収納&インテリア術!』

Photo_3


ちょっとした工夫やアイディアで家や部屋の中は、おしゃれで快適な空間になりますheart

梅雨のこの季節だからこそ、家の片付けなどしてみませんか?

参考になりそうな収納やインテリア術について書かれている本を集めてみましたhappy01

お部屋が綺麗だと生活も楽しくなるはず!

ライフスタイルの向上をめざしましょうheart01

Photo_4 


図書館正面の「図書特集コーナー」に展示してあります。

この本を参考にチャレンジしてみてください。


星美学園短期大学図書館

03-3906-0056(代)

【図書館】絵本特集コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのNEWテーマは!

「七夕(たなばた)の絵本」

Photo


7月7日の七夕(たなばた)といえば、「おりひめ」と「ひこぼし」が年に一度天の川で再会する日ですよね。

短冊に願いを書いて星shineに願う日として有名ですが、どうしてそのような日になったのでしょう?

また、なぜ「七夕」を「たなばた」と読むのでしょう?

七夕の由来を知ると、行事の意味も分かりますよ。

さて、今年は天の川がみられるでしょうか・・・?

Photo_2


絵本特集コーナーに展示してあります。

学生の皆さん、ぜひ読みにきてくださいhappy01


星美学園短期大学図書館

03-3906-0056(代)




続きを読む "【図書館】絵本特集コーナーを更新しました" »

2017年4月27日 (木)

図書館展示企画2017年度 第1回

タイトル:マリア・モンテッソーリについて①-知的障がい児との出会い-

期間:2017年4月~7月下旬

担当:星美学園短期大学准教授 井出麻里子


Dsc_2722


 「モンテッソーリ教育」と呼ばれる幼児教育法があります。マリア・モンテッソーリというイタリア人女性が始めた教育法で、「モンテッソーリ教具」と呼ばれる独自の教具を使うのが特徴の一つです。モンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園や保育園は日本全国に存在しており、本学の卒業生も毎年モンテッソーリ園に就職しています。今回は、この場を借りて、このモンテッソーリ教具がどのように生まれたのか紹介します。

Dsc_2725

マリア・モンテッソーリ(Montessori,Maria:1870-1952)はローマ大学医学部出身の医師でした。ある日、精神病患者の臨床研究をするために訪れた施設で、彼女は知的障がいの子ども達に出会います。その施設では一つの部屋に子ども達が収容されており、世話係の女性は「食事が終わると、子ども達は床を這いずり回って、食べこぼしたパン屑を拾い集め、いつまでも手のひらでこねて遊ぶんです」と嫌悪を込めて彼女に報告しました。おもちゃ一つ置かれていないその部屋を見た彼女は、子ども達は手を使った活動を求めているのだと理解しました。床を這いずり回ってパン屑を探し、見つけると手にとって遊ぶという一連の行為は、目(感覚器官)と脳神経と手(運動器官)が連関して正常に機能していることを意味します。そこで彼女は、感覚器官に刺激を与え、手を使った活動することでこの子ども達の教育が可能になるのではと考えました。

Dsc_2729

Dsc_2728

彼女は、その道の先駆者であるエドワード・セガンが確立した「治療教育学」を研究し、彼が開発した教具を改良して子ども達に使用しました。モンテッソーリが最初に作った教具の中には、五感を刺激し手を使って活動する「感覚教具」が含まれますが、それらは当初、知的障がい児のために作られたものだったのです。

Dsc_2726


参考文献  

H.ハイラント著、平野智美 井出麻里子共訳 『【全改訂】マリア・モンテッソーリ-その言 葉と写真が証す教育者像-』東信堂、1999年。


展示している教具(いずれも「感覚教具」)

・円柱差し/色つき円柱:視覚を通して、円柱の大きさや太さなどを見分ける教具

・色板(第3箱):視覚を通して、色の明度を識別する教具   

・触覚板:触ってみて、板の触感の違いを識別する教具

・幾何学立体:視覚を通して、基本的な立体図形の特徴を理解する教具


星美学園短期大学図書館

03-3906-0056(代)



続きを読む "図書館展示企画2017年度 第1回" »

2017年4月 6日 (木)

【図書館】絵本特集コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのNEWテーマは!

「ともだち」をつくろう!  

Dsc_2708


新しい学期が始まると新しい「ともだち」とも出会います。  

「ともだち」ってどうやってつくるの? どうしたら「ともだち」になれるかなぁ?  

そんな風に悩んでいる子どももたくさんいると思います。   

でも、ともだちになるきっかけは、みんなそれぞれ違います。 だから、こんなに「ともだち」について書かれている絵本がたくさんあるんだと思います。

「ともだち」との付き合い方、「ともだち」とのけんか、「ともだち」を思いやる。そんな内容が書かれた絵本を絵本特集コーナーに展示しました。

絵本をとおして「ともだち」づくりの大切を考えてみましょう。

Dsc_2709


星美学園短期大学図書館

03-3906-0056(代)