【重要:20211019更新】11月22日以降を「ステップ3」に

 11月22日(月)より、現在実施している「ステップ2」か「ステップ3」に変更することに致します。「ステップ2」は、1コマを対面授業60分+遠隔授業30分として実施しておりましたが、「ステップ3」では90分授業(コロナ以前の通常の時間割)となります。対面授業と遠隔授業の日程については変更はありません。

緊急事態宣言が解除され、コロナ感染拡大が多少落ち着きを見せてきました。また、学生の予防接種も進み始めており、本学ではワクチン2回接種終了者が10月末時点で予約も含めると69%になります。この期に学生に対面授業時間をできるだけ確保するという判断を致しました。

 コロナ感染の危険が去ったわけではなく、再拡大の可能性は高いと言われており、感染対策は今まで通りに行って参ります。また状況が悪化するようなことがありました場合は、再度変更することがありますことをご承知おきください。

 11月22日からの詳細につきましてはe-paや、対面授業登校時にお伝え致します。


2021年10月19日

星美学園短期大学

コロナ対策チーム

2021年11月26日 (金)

「キリスト教学」の時間に【追悼セレモニー】を行いました(1年生)。

未だ完全に終息したとは言えないコロナ禍にあって、今年も全学上げての「追悼ミサ」は見送り、1年生が2クラスに分かれて「キリスト教学」の時間に【追悼セレモニー】に参列しました。

以下が写真と参加した学生たちの感想からの抜粋です。Dsc_0998Dsc_1014

Dsc_1010

257660113_430665071882731_234353547

◆素敵な音楽が流れるとても神聖な場所で、貴重な体験ができてよかったです。今までにない体験だったので新鮮でしたし、少し不思議な感覚になりました。他の学校では体験できないようなキリスト教の文化に触れ、追悼セレモニーに参加することができてよかったです。

◆追悼セレモニーに参加して、亡くなった方々のためにお祈りをすることが出来ました。共同祈願では、亡くなられた幼い子ども達や、新型コロナウイルスによって困難の中にある世界や、苦しんでいる人々のためにお祈りをすることが出来ました。

◆共同祈願で、「永遠の幸せに入る」という言い方が印象に残りました。虐待や、大人の不注意による事故がなくなってほしいと思いました。

◆普段、きちんとした形で追悼する機会は無いので、自分たちが今当たり前のように日常を送れていることを当たり前だと思わないようにしようと思いました。

◆誰かのお葬式などではなく、死者を追悼するという行為が初めてで、どういう気持ちになるのか自分でも分からなかったのですが、自分の親族などを思い出して、神様や亡くなった方を思うと共に、今生きている人をも思う心が出てきて、落ち着いた気持ちになりました。

◆追悼セレモニーに参加して共同祈願の際に全員で「神よ、わたしたちの祈りを聞き入れてください」と祈ることによって、神に少しでも思いが届く感じがしました。

◆キリスト教では亡くなった方々のためのお祈りをここまでしっかりと行っているのだと知りました。また、亡くなった方々だけでなく、この世にいる全ての方々のことも祈るところがキリスト教の良いとこだと感じました。

◆人それぞれ、心にかけている亡くなった方がいると思います。その人のことを思い浮かべ、個人的に祈ることももちろん大切ですが、追悼セレモニーでは参加されているすべての人たちの心にかけている亡くなった方々が、天国での安らぎを得るように共に祈ることが大切であると分かりました。また、共同祈願を通して具体的に私達の共通する望みを唱えられ、とても感慨深く感じました。

◆亡くなってしまった人達や、今苦しんでいる人達に対して向き合う時間があってよかったと感じました。また、感謝の気持ちを忘れずに健康で幸せな生活を楽しみたいです。

◆教室で座って聖書を読んでいる時よりも、聖堂で聞くと重きが違うと感じました。

◆今日は、追悼セレモニーに参加しました。お墓参りでは無く、死者のために祈る機会だったので少しワクワクしました。海外の映画などでしか見たことがなかったので、このような機会に体験することが出来て嬉しかったです。

◆追悼セレモニーを通して今までに亡くなられた方やその事に寂しさを感じる方に思いを馳せて、優しく温かい気持ちで祈りを捧げ、聖歌を歌うことが出来ました。死が終わりでなく、次のあの世で復活したあとのことを考え、今を生きる人や、亡くなった方が安らかな気持ちで生活できるよう祈ることができ、心を落ち着かせて参加出来た。亡くなった方やそのことを寂しいと思う方のために祈る場があることが幸せで、優しい考え方だと感じた。

◆死後の世界について今まであまり考えたことがなかったので、今回の授業がよい機会になりました。そして追悼セレモニーを行うことで、亡くなった方々のことを思い出すことが出来るよい機会だと思いました。また、心が落ち着く環境を作ってからお祈りをすることで、きちんと亡くなった方々に向き合いながらお祈りをすることが出来たと思いました。


幼稚園教諭保育士特別支援学校教諭の免許・資格取得を目指す

星美学園短期大学 SEIBI Gakuen College

幼児保育学科 / 専攻科幼児保育専攻

速報!! 公務員試験合格 おめでとうございます!!

東京都品川区職員Ⅱ類(保育士)合格!

専攻科 N.Dさん おめでとうございます!

Img_0754

「合格しました~」と、いつもと変わらぬ落ち着いた様子で喜びを伝えに来てくれたN.Dさんに、インタビューしました。

Q公務員になろうと決めた理由は?

働く条件(給料、福利厚生など)が安定していることと、他の園や施設との連携が良く、転勤も可能なことから多くのことを経験できるとことに魅力を感じました。公務員(保育士)になろうと決めたというよりも、「やるだけやってみよう」という気持ちから勉強をスタートしました。

Q合格につながったポイントは?

一次試験対策は、早い段階からしっかりと勉強をしました。作文は得意でしたので、授業で取り組んだのみです(※)。地元での就職を希望していたので学童保育でアルバイトをしました。また品川区で保育実習をすることができたので、面接時にはこれらの実体験から詳しく話すことができました。(※専攻科「幼児教育研究K(保育時事問題演習)」)

Q就職活動を振り返って苦労したこと・学んだことは?

苦労したことは、一般教養の勉強です。範囲が広いのでモチベーションを保ちながら取り組みました。実技試験の準備では、公務員採用試験の指導担当の打越先生から沢山のアドバイスをいただき、実際に実技の練習も見ていただきました。学ぶことが多かったです。

後輩へのメッセージ・アドバイス

公務員を目指し準備する期間に学んだ内容は自信となり、これからの糧になると思います。あきらめるより、チャレンジしてみることをお勧めします。先生方も、友達も親身になって応援してくれます。私も応援していますsign01


星美学園短期大学キャリアセンター
https://www.seibi.ac.jp/college/career/schedule/

 

 

2021年11月24日 (水)

クリスマスの飾り付けをしました(プレゼピオ)

今年もこの季節が巡ってきました。イエス様のお誕生をお迎えするクリスマスの準備です。今日は有志の学生と教職員で正面玄関の「プレゼピオ」を飾りました。

まずは大きな箱から一年に一度、大きなご像を解放してあげます。Horizon_0001_burst202111240904574_2イエス様のお誕生の場所を知らせる✬を付けて、shineHorizon_0001_burst20211124090510013台の上に藁を敷いて、電飾の準備をしますflairDsc_0987ご像を置く位置を外から確かめながらhappy01Horizon_0001_burst20211124093913008完成ですsign03Dsc_0989今年のプレゼピオチームですgood

Dsc_0996辺りが暗くなると、もっと美しく輝きますよ。皆さんも、是非見にいらしてくださいねlovely


幼稚園教諭保育士特別支援学校教諭の免許・資格取得を目指す

星美学園短期大学 SEIBI Gakuen College

幼児保育学科 / 専攻科幼児保育専攻

2年生「保育実習指導Ⅰ(保育所)」保育園の園長先生による「保育実習に向けての心構え」

「現場の先生から学ぶ!」シリーズ第1弾

11月5日、2年生「保育実習指導Ⅰ(保育所)」の授業で

星美学園短期大学のお隣の東京都北区赤羽北保育園の園長先生から

「保育実習に向けての心構え」についてお話を伺いました。

19240_2

実際の保育実習では、なかなか聞くことができない実習に向けての心構えや、

0歳児から5歳児クラスの様子を写真入りでたくさんお話をしてくださいました。

学生からは

「実習前に不安に感じていたことについて知ることができた」

「あらためて、挨拶や笑顔は大事だということを学んだ」

という感想が寄せられましたpencil


幼稚園教諭保育士特別支援学校教諭の免許・資格取得を目指す

星美学園短期大学 SEIBI Gakuen College

幼児保育学科 / 専攻科幼児保育専攻

2021年11月22日 (月)

専攻科・授業紹介「子どもの食と栄養Ⅱ」

2021年11月16日(火)
保育士資格取得を目指している本学専攻科幼児保育専攻の学生が履修している「子どもの食と栄養Ⅱ」(担当教員:近藤 渚)の授業の一環で、雪印メグミルク株式会社より講師2名をお招きし「食育ミルクセミナー」を実施いたしました。

前半は「カルシウム摂取の大切さについての講義」、後半は「実際に保育園児や幼稚園児を対象に行っている食育セミナーのデモンストレーション」をしていただきました。

<当日の授業様子>

taurus 布で実物大の牛を表現していました

Yuki01_2

taurus 1頭の牛からとれる牛乳の量を
牛乳パックの数で表現していましたYuki02_2

  

保育現場で、実際に、保育園児や幼稚園児に食育を行う時の言葉遣いや媒体を使った表現の方法など、勉強になることが沢山ありました。

学生たちは、熱心にメモをとりながら、とても楽しそうに参加していました。

学生たちが、将来「先生」となった時、今回学んだ内容を活かそうと思ってもらえたら嬉しいです。


◆幼稚園教諭二種
◆保育士(3年制養成課程)
◆特別支援学校教諭二種(知・肢・病)
教職免許・国家資格の取得を目指す

SEIBI GAKUEN College
星美学園短期大学

☆幼児保育学科
☆専攻科幼児保育専攻

LINE@星美学園短期大学公式アカウントフォローCP

星美学園短期大学公式LINE@のフォローキャンペーン

Line

「友だち」になっていただいた高校生、受験生の方には、いち早く最新イベント情報や選抜情報お送りいたします。

@377whiww

また、オープンキャンパスでフォローしていることがわかる画面を受付で提示してください。お一人様1回までオリジナルグッズをプレゼントpresentさせていただきます。

P_20211024_112216

QRコードを読み取ると「友だち追加」ができます。

また、ID検索から@377whiwwで「友だち追加」ができます。

↓ ↓ ↓

L


星美学園短期大学入試広報センター

https://www.seibi.ac.jp/college/

2021年11月19日 (金)

【就職・進路】卒業生との懇談会(児童養護施設):保育者である卒業生が来学してくれました。

2021年11月15日(月)、専攻科幼児保育専攻「幼児保育キャリア演習Ⅲ」の授業で、専攻科生を対象にした「 先輩との懇談会(児童養護施設) 」を実施しました。

本学の専攻科幼児保育専攻を卒業し、現在「社会福祉法人扶助者聖母会 星美ホーム」に就職した、キャリア5年目の先輩K.Gさんと今年4月に入職した先輩M.Iさんをお迎えしました。

Photo_2

1クラス6人編成で小学校2年生から高校3年生までの子ども達が生活する「星美ホーム」。児童養護施設の一日の仕事の流れについて先輩からお話を伺いました


給料・賞与、勤務形態(夜勤・交代制勤務など)についても、詳しくお話をしていただきました。

Photo_4

様々な個性のある子との関わりの中でくじけそうになる時もあったそうですが、時間をかけて向き合い、心を開いてくれたことが分かったとき、関係性を築けたことを実感したそうです。

「関係性を築けたことは本当にうれしかったし、そこからの支援はスムーズでした。」

「卒業しても日々努力することは、自分のためでもあり、子どもたちの支援にも繋がることだと思っています。」

お二人とも職員の方々と助け合いながら頑張っているそうです!


✨児童養護施設で働いて良かったと感じる時はどんな時ですか sign02

・ありのままの自分で働けること
・関係性を築けて、子どもが心を開いてくれたことを実感した時の喜び
・子どもの方から自分を必要としてしてくれた時


✨学生の感想

・子どもとの関わりに中で、一人ひとりの対応を考えて対応しなければならないことを知りました。
・自分らしく働けることは、気持ちに余裕をもって働けることだと感じました。
・夜勤勤務は大変そうなイメージですが、実際はそうでもないし手当も良いということを知りました。


星美学園短期大学キャリアセンター

2021年11月17日 (水)

【定員30名】12月18日(土)はクリスマス⭐️オープンキャンパスを開催⭐️楽しい企画が盛りだくさん

新型コロナウイルス感染症対策を十分に講じたうえで、xmasクリスマスxmasオープンキャンパスを開催します。

すでに合格された方、まだ一度も星美短大のオープンキャンパスに参加していない高校2年生、1年生の方、ぜひご参加ください。

この回だけのスペシャルなクリスマス企画が沢山あります。楽しいですよsign01

受験生の方も受付中!ぜひご参加ください。

⇒お申し込みはこちらから

 

当日のスケジュール (13:00受付開始/14:00開始/16:00終了)

密閉・密集・密接の「3つの密」を避け、以下の内容を行います。

参加者全員にクリスマス限定(この回だけの特別)プレゼントpresentを用意してお待ちしています!!

Line_83234614107153

Photo_5xmas保育の現場で役立つイベント体験xmas 

第1部shine 師団坂46のメンバーと一緒に楽しむクリスマス

第2部shine 学生スタッフと一緒に体験!クリスマスグッズ制作

Photo_2

何をするかは当日までのお楽しみ happy02 heart04

☆受験生対象-まだ間に合う!入試直前対策-教員との入試個別相談
☆学生スタッフとの交流・学生スタッフと一緒に回るキャンパスツアー

学生スタッフが学内の施設を案内するキャンパスツアーを体験してみよう!

⇒お申し込みはこちらから


↑上記写真は昨年のクリスマスオープンキャンパスの様子です。


*定員30名 お申し込みは事前申し込み制」です。
感染予防のため、参加者1名につき、付き添いの保護者の方は2名とさせていただきます。

*参加者の皆様へのお願い

・発熱などの症状がある方は、来場をご遠慮ください。
・当日は入口で非接触型体温計により参加者の方の検温を行います。
・感染予防のため、手指の消毒、マスクの着用をお願い致します。
・スタッフにつきましてもマスク・フェイスシールドを着用させていただきます。
・現時点では開催を予定しておりますが、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催を中止させていただく場合があります。詳細につきましては、必ずホームページで確認をお願い致します。

P_2021715_113615

12


星美学園短期大学入試広報センター

https://www.seibi.ac.jp/college/event/open_campus/

2021年11月16日 (火)

星美学園高等学校1年生対象の学校説明会を開催しました。

11月16日(火)に本学にて星美学園高等学校の1年生対象の短期大学学校説明会を行いました。

Img_0717

新型コロナウイルス感染症の対策のため、A・BクラスとCクラスに分けて、同じプログラムで行いました。


プログラムは2つ。

遠藤愛先生による「幼児教育・保育のお仕事について(動画)」の視聴と、渡邉孝継先生による「高校生のための心理学講座」です。

Img_0719

Img__0721

「発達心理学」「知的心理学」「社会心理学」「教育心理学」など、心理学の基礎知識についてわかりやすくお話しました。

生徒さん達は、メモを取りながら真剣に話を聞いていました


星美高等学校の皆さん、星美学園短期大学にお越しいただきありがとうございました。

短い時間ではありましたが、楽しみながら幼児教育・保育について学べましたか。

今回の講座で短大に興味・関心を持たれた方は、ぜひ次回12/18(土)に開催予定の星美学園短期大学のオープンキャンパスにご参加ください。

お待ちしています。


星美学園短期大学入試広報センター

03-3906-0056(代)

総合型選抜 第3回/学校推薦型選抜(指定校制・公募制) Ⅱ期の出願は11月12日(金)から受付スタート

総合型選抜 第3回、または学校推薦型選抜Ⅱ期(指定校制・公募制)を受験する高校生の皆さん!

お待たせいたしました!!

11月12日(金)から、総合型選抜 第3回/学校推薦型選抜Ⅱ期の願書受付を開始します。


pencil 出願期間(必着):11/12(金)~12/3(金)

pencil 選考日:12/11(土)

pencil 選考結果発送日(郵送):12/20(月)

Photo

イメージ写真

出願される方は、期間内にお手続きください。

総合型選抜、または学校推薦型選抜に関する詳細はこちらをご覧ください。


入試に関するお問い合わせ

星美学園短期大学入試広報センター 03-3906-0056(代)