2018年8月29日 (水)

保育の星美★オープンキャンパス(9/8)最新情報

こんにちは、入試広報センターです(^0^)

次回オープンキャンパスのお知らせです♪

Photo_5


9/8(土)は「ミニオープンキャンパス」を開催します♪

開催時間は、14:00から15:30まで!入退場自由!(受付開始は、13:00~)
オープンキャンパスの内容は・・・

体験学習
これで安心!AO入試直前対策 「絵本の読み聞かせをマスターしよう!!」

Ff818b2b98ca586f05c878f5fe2b6bfa ※写真はイメージです

入試直前スペシャル企画!!〜キャンパスツアーと同時進行♪〜

当日、13:00より先着順にて受付開始!
受付場所は、短大玄関ホールです。
申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

◎入試個別相談 希望者は教員による「個別模擬面談の練習」
(定員4名) 1人当たりの所要時間は10~15分程度です。

◎SSSによるピアノ体験 学生スタッフSSSと一緒にピアノ体験レッスン!
(定員4名) 1人当たりの所要時間は10~15分程度です。

「入試個別相談・ピアノ体験レッスン」の体験を希望される方は、どちらかお選びください。 なお、「入試個別相談・ピアノ体験レッスン」は、お一人様につき、1回のみとさせていただきます。

※写真はイメージです

そのほか、学生スタッフによる「手遊び歌」「キャンパスツアー」「教員への入試個別相談」「在学生との交流コーナー」など いろいろご用意してお待ちしています。

2019年4月から男女共学になる星美学園短期大学!

女子高生はもちろん!保育に興味がある男子高生もオープンキャンパスに参加してみませんか!(^0^) 保護者の方、高校の先生方のご参加も大歓迎です!!!

ただいま、お申し込み受付中です。


9月1日からAO入試の願書受付開始です!


【お問い合せ】

星美学園短期大学 入試広報センター

電話 03-3906-0056(代) E-mail  c_nc@seibi.ac.jp

星美学園短期大学 http://www.seibi.ac.jp/college/

続きを読む "保育の星美★オープンキャンパス(9/8)最新情報" »

保育の星美☆8月26日(日)オープンキャンパス・レポート

8月26日(土)に行われたオープンキャンパス・レポートです。

当日の様子をお知らせいたします。

Dsc_0058

オープンキャンパス中、学生スタッフとして活躍してくれたSSSです。


猛暑の中、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

Dsc_0060

オープニング会場は、大講義室です。

Dsc_0057

本学の卒業生で、現職の保育者が5名かけつけてくれました。

5名の卒業生は、今回も全員「元・SSS(学生スタッフ)」として、学生時代はオープンキャンパスで活躍してくれた方たちです。


さて、この日の体験学習は、2本立てでした。

一つは、「体験学習  大人も楽しい!! Let’s バスレク」です。

Dsc_0089

Dsc_0071

また、もう一つは、「保護者向け講座 意外とかかる進学費用―やりくり上手の一工夫―」を行いました。

Photo

Photo_2

「キャンパスツアー」の様子です。 

Dsc_0095

Dsc_0107

来年4月から男女共学がスタート!この日は、男子高校生も数名参加してくれました!

交流コーナーでは、教員との個別相談はもちろん!優しい先輩たちが皆さんの質問や疑問に丁寧に対応します。 

Photo_3

0193

Photo_4 


参加してくれた高校生の感想をいくつかご紹介します!

☆明るくて雰囲気がよかったです。先生と学生の距離が近くてこちらまで楽しい気分になりました。

☆保育はとてもやりがいがあるなと思いました。学生さんが楽しそうなのが印象的でした。

☆バスレクがとっても楽しかったです。


星美学園短期大学

幼児保育学科/専攻科幼児保育専攻

03-3906-0056(代)

2018年8月21日 (火)

【図書館】絵本特集コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのテーマ

「かこさとしさんを偲んで」

Dsc_0318


絵本作家のかこさとしさんが5月2日、92歳で亡くなった。作品は『からすのパンやさん』を代表とする「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『伝承遊び考』『うつくしい絵』『とこちゃんはどこ』など。2008年菊池寛賞、2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。92歳まで現役で作家活動を続けた。

Dsc_0319

続きを読む "【図書館】絵本特集コーナーを更新しました" »

【図書館】特集展示コーナーを更新しました

今回の特集コーナーのテーマ

「ハラスメント」

Dsc_0315


パワー・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、セクシュアル・ハラスメント、モラル・ハラスメントなど、ハラスメントの多くは、コミュニケーションの行き違いから始まります。自分の行動が相手にとってどう映っているか、心を配ることが大切です。ハラスメントって何?被害に合わないためには?もし被害に合ってしまったら?

 

今回の特集コーナーでは「ハラスメント」についての図書を何冊かご紹介いたします。

2018年8月20日 (月)

【重要】イタリア語講座「入門・初級2・中級2」 代講による実施のお知らせ(9月1日以降の講座について)

「イタリア語講座 入門・初級2・中級2」は、

9月1日~2019年2月23日の14回、

講師の体調不良により、他講師による代講にて実施とさせていただくこととなりました。

(初級1、中級1、会話(中級)は通常通り開講いたします)


該当講座の受講生の皆様には、郵送にてご連絡をお送りしております。


何卒ご理解賜りご了承戴きたくお願い申し上げます。



<お問い合わせ先>

星美学園短期大学 日伊総合研究所

公開講座センター

03-3906-0056(代表)

2018年度 保育・教育特別セミナーが開催されました!

8月17日(金)に開催された「保育・教育特別セミナー」には

保育士、教諭、相談員など教育現場でご活躍されている方に多数ご参加いただきました。

セミナー当日の様子をご紹介いたします。

 

 

全体講演会

【多様な教育ニーズに対応する学校づくり ~特別な教育支援体制はどのようにつくっていくのか~】

 講師:服部純一(日伊総合研究所・客員研究員/DRM発達支援教育研究所主宰)

Blog01

全体講演会は、「インクルーシブな教育体制の変化」からはじまり、発達障がい児を支える支援体制づくりに視点をあて、

・特別支援教育の現状

・今後の課題となる、「教育ニーズ」をとらえた良い授業 等

について、レジュメとパワーポイントを用いてご講演いただきました。

 

 分科会1

 【気になる子の見立てと支援~個別の指導計画の作成と運用に向けて~】

 講師:遠藤 愛(星美学園短期大学准教授)

Blogb1

 

分科会2

 【「個」と「集団」への支援~通常の学級に使える特別支援教育のノウハウとは?~】

 講師:森澤 亮介(筑波大学附属大塚特別支援学校・支援部)

Blogb2

 

分科会3

 【高校における特別支援教育の推進~通級による指導の充実に向けて~】

 講師:宇田川 和久(埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園 校長)

Blogb3

 

各分科会では講師陣によるケーススタディー解説、 現場での実践例の提示など、支援環境づくりに役立つ講義が映像などを交えながら展開しました。

 
またグループディスカッションなども行われ、校種を越えた意見交換や、アイディア発表が多くなされていました。

Gw01

 

<受講された方の声>

・とても勉強になりました。もっと子ども達と関わりたいと思いました。

・実際の児童、生徒の様子を写真つきで紹介いただき、非常に分かりやすい講義でした。

・個別の指導計画の具体的な書き方を学ぶことができ、良かったです。ありがとうございました。

など、多くの感想をいただきました。

 

受講者の皆さんは熱心に聴講され、講座後には講師に質問をされる方が多数いらっしゃいました。

暑い中、ご参加いただきました皆様、ありがとうございましたhappy01

また、本学の講座にぜひお越しください。

 
 


<資料請求/お問い合わせ先>

幼稚園教諭・保育士・特別支援学校教諭を3年間で育てる短期大学

東京都北区赤羽 (池袋から8分/大宮から15分) ★交通アクセス

星美学園短期大学 日伊総合研究所 公開講座センター

TEL:03-3906-0056(代)  ※「公開講座について」とお伝えください。

2018年8月14日 (火)

保育の星美★オープンキャンパス(8/26)最新情報

こんにちは、入試広報センターです(^0^)

次回オープンキャンパスのお知らせです♪

Photo

8/26(日)も「夏休み!!スペシャルオープンキャンパス️」を開催します♪

開催時間は、14:00から16:30まで!入退場自由!(受付開始は、13:00~)
第6回 オープンキャンパス(8/26)の内容は・・・

申込フォーム


体験学習  大人も楽しい!! Let’s バスレク

826oc

※写真はイメージです


保護者向け講座  意外とかかる進学費用―やりくり上手の一工夫―


夏休みスペシャル企画!!〜キャンパスツアーと同時進行♪〜

当日、13:00より先着順にて受付開始!受付場所は、短大玄関ホールです。
申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

◎入試個別相談 希望者は教員による「個別模擬面談の練習」

◎SSSによるピアノ体験 学生スタッフSSSと一緒にピアノ体験レッスン!

各・定員8名/1人当たりの所要時間は10~15分程度です。

「入試個別相談・ピアノ体験レッスン」の体験を希望される方は、どちらかお選びください。

なお、「入試個別相談・ピアノ体験レッスン」は、お一人様につき、1回のみとさせていただきます。

申込フォーム


9月1日からAO入試の願書受付開始です!


【お問い合せ】

星美学園短期大学 入試広報センター

電話 03-3906-0056(代) E-mail  c_nc@seibi.ac.jp

星美学園短期大学 http://www.seibi.ac.jp/college/

保育の星美☆8月11日(土・祝)オープンキャンパス・レポート

8月11日(土)に行われたオープンキャンパス・レポートです。

当日の様子をお知らせいたします。

Sss

オープンキャンパス中、学生スタッフとして活躍してくれたSSSです。


猛暑の中、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

Sss_2

オープニング会場は、大講義室です。

Photo_2

本学の卒業生で、現職の保育者が6名もかけつけてくれました。

6名の卒業生は、全員「元・SSS(学生スタッフ)」として、学生時代はオープンキャンパスで活躍してくれた方たちです。


さて、この日の体験学習は、2本立てでした。

一つは、「これでバッチリ、入試対策 入試面接のポイント―公開模擬面接―」です。

Photo_4

AO入試や推薦入試で役に立つ内容として、教員と在学生(1年生)による公開模擬面接を行いました。

また、もう一つの体験学習「あなたの知らない「特別支援」の世界!!」は、1・2年生向けの講座として行いました。

Photo_7

前回実施できなかった「キャンパスツアー」や「SSSによるピアノ体験レッスン」の様子です。

Photo_15

3_2

交流コーナーでは、教員との個別相談はもちろん!優しい先輩たちが皆さんの質問や疑問に丁寧に対応します。

Photo_13

Photo_16

Photo_17


参加してくれた高校生の感想をいくつかご紹介します!

☆公開模擬面接はたいへん参考になりました!ピアノ体験レッスンに参加しました。

☆ピアノの体験で多くの質問に答えていただき、ありがとうございました。

☆親切な先生と在学生の方のおかげで星美短大の特色や良さを知ることができました。

☆在学生の方の面接をみて、実感がわきました。とてもよい勉強になりました。

☆星美学園に対する印象が変わりました。


星美学園短期大学

幼児保育学科/専攻科幼児保育専攻

03-3906-0056(代)

2018年8月13日 (月)

「第3回学校キャラ総選挙2018の表彰状」が届きました!

こんにちはhappy01 入試広報センターですsun

先日行われた「第3回学校キャラ総選挙2018の表彰状」が、ベスト進学ネット様から届きました。

応援してくださった皆様のおかげで、星美短大のマスコットキャラクタ-「ピーノ」が、初出場で3位shineshineを受賞することができましたhappy02heart04

8月11日(土)に行われたオープンキャンパス参加者の方からも「おめでとうsign01」とお声をかけていただきました。

改めて感謝とお礼を申し上げます。

来年も上位目指して頑張りますsign03

Dsc_0401

Dsc_0402


星美学園短期大学 幼児保育学科

入試広報センター03-3906-0056(代)

 

2018年8月 7日 (火)

図書館展示企画2018年度 第2回

タイトル:動的描画システムによる子どもへの心理的接近

期間:2018年8月~11月

担当:星美学園短期大学専任講師 太田研


8


皆さんは、子どもを理解する際、子どもの何に注目しますか?子どもの語り、振る舞い、表情、快活さなど、多様な情報から子どもへの理解を深めるのではないでしょうか。これらの項目に加えて、現在、学際的に注目されている項目は、描画です。なかでも、動的描画システムは、子どもが捉える他者との関係性に接近できる方法として、先行研究が増加しています。

 動的描画システムは、Burns & Kaufman(1970)やProut & Phillips(1974)によって開発された描画投影法です。投影とは、描画者が抱く家族や友人、先生、自分自身へのイメージが映し出されることを意味します。動的描画システムは、動的家族画(Kinetic Family Drawing)と動的学校画(Kinetic School Drawing)の2つの方法から成ります。実施方法は至って簡単です。子どもに白紙と鉛筆を渡し、「家族の人たちが(あるいは、学校で)何かしているところを描いてください。あなたを含めて、家族の人たちを(友人、先生を)描くようにしてください。棒状の人間ではなく、人物全体を描いてください。何らかの行為や動作をしているところを描いてください。」と伝えます。

   描かれた家族画や学校画は、(1)人物間の行為、(2)人物像の特徴、(3)人物の位置や人物間の距離、障壁、(4)描画スタイル、(5)描かれた家財具や太陽等のシンボル、という5つの観点から分析します。幼児の場合、自身の心の状態を観察する力、言葉で表現する力は、まだ十分に発達しているとは言えません。描画は幼児にとって、言葉で表すことのできないメッセージを表現する手段です。動的描画システムは、近年、虐待やいじめの早期発見のために活用されています。子どもの描画を観るための知識・技能の向上に役立つ専門書をご紹介します。


8_2


参考文献 

『描画心理学双書 ②子どもの家族画診断』R. C. バアンズ/S. H. カウフマン著 1998年8月 黎明書房 

『描画心理学双書⑧描画による診断と治療』ジェラルドD.オスター/パトリシア・ゴウルド著 2005年9月 黎明書店

『教育臨床アセスメントとしての同的学校画』田中志帆著 2012年1月 風間書房  

『学校画・家族画ハンドブック』ハウァード・M・ノフ/H・トンプソン・プラウト著 2000年9月 金剛出版