09_図書館

2024年1月17日 (水)

【図書館】春期休業期間のお知らせ

【図書館】春期休業期間のお知らせ

2月1日(木)~43日(水)まで春期休業期間といたします。

休業期間中の開館は、次の通りです。

*************************      

開館日 : (開館日カレンダーを参照)

時 間  :  9:00 ~ 14:50

*************************

 clover1年生および専攻科へ入学予定の方へ

1月18日(木)より、春期休業貸出を以下のとおり開始します。

貸出冊数 : 8冊

返 却 日 : 4月4日 (木)

*************************

  clover卒業予定者(2年生および専攻科生)の方へ

(ただし、期日までに返却することが可能な学生のみとします。)

最終貸出日は、2月14日(水)

最終返却日は、2月28日(金)

Photo

2024年1月16日 (火)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「読み聞かせ2」

今年度、学生さんから一番多かった質問が"絵本の対象年齢について"でした。

図書館の絵本は年齢別に並んでいますが、その目安が気になりますね。

そこで今回は、各年齢ごとにおすすめ絵本が記載されていたり、それぞれの絵本に年齢の表記のある本などをご用意しました。

学生・教職員のみなさま、是非、図書館をご活用ください。

202342a

読書法についての書架(一般書架 分類番号019)も合わせてご利用ください↓

202342b

2023年12月 8日 (金)

【図書館】絵本コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「クリスマスに読みたい絵本」

Img_9924

 もうすぐみんなが大好きなクリスマス。

外は寒くても部屋の中で絵本を開けば、楽しくてあたたかい世界が広がります。

図書館ではクリスマスを盛り上げてくれる絵本をたくさん用意して、みなさんのご来館をお待ちしていますsnow

Photo

2023年12月 1日 (金)

【図書館】展示企画2023年度第3回

タイトル: 子どもと遊び 独楽(コマ)ー

期間:2023年12月~2024年3月

担当:星美学園短期大学教授 中島千恵子

 独楽(コマ)は、子どもから大人まで誰もが楽しめる遊びのひとつです。標準的な独楽は、回転の効果を利用して一点で立ち上がり、回転が遅くなると倒れてしまいます。皆さんは、独楽はなぜ回るのか、なぜ倒れないのか、疑問に思ったことはありませんか。今回は、そのような素朴な疑問に対して解説した書籍を紹介いたします。

 

まず、戸田盛和氏の『コマの科学』です。この本では、独楽の構造や運動について、できる限り難解な用語や数式を使わずに丁寧に解説しています。独楽を回すと、独楽の軸の上端が円を描くような「みそすり運動(歳差運動)」が働きますが、著者は「どうしてみそすり運動が独楽を立てさせるのか」という問いを考えることから、「独楽はなぜ倒れないのか」という疑問を説明することを試みています。

 

次に、山崎詩郎氏の『独楽の科学』です。この本では、独楽を上手く回すポイントや、独楽が倒れない理由について、物理学の視点から分かりやすく解説しています。また、独楽に限らず「回るおもちゃ」についてもたくさん紹介しています。大学初年度に学ぶであろう、物理学の基礎的な知識(角運動量保存の法則など)が少しだけ必要になりますが、おもちゃに関心がある保育者養成課程の学生達にも、楽しんでもらえるのではないかと思います。

 

今回は、「逆立ち独楽(逆さ独楽)」を展示いたしました。逆立ち独楽は、球面を直径の4分の1くらいで切って、そこに軸を付けた形をしています。回転していない時は、丸い部分を下にして立っていますが、回すと数秒で本体が持ち上がって上下が逆さになり、軸の上で回転する楽しい独楽です。小さい独楽には、物理学の仕組みがぎゅっと詰まっています。子ども達(昔は子どもだった、今の学生達にも!)には、独楽遊びを通して、物理学の面白さに少しでも気づいてもらえたら嬉しく思います。

20233a

20233b


 

 参考資料

・『コマの科学』/戸田盛和/岩波書店/1980

・『独楽の科学』/山崎誌郞/講談社/2018

【図書館】冬期休業についてのお知らせ

 2023年12月23日(土)~2024年1月8日(月)の期間、図書館は冬期休館いたします。

冬期休業期間中の開館日はありません。

なお、冬期休館にともない、学生を対象に特別長期貸出を行います。

 

snowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

 

冊数:8冊

 

期間:12/8(金)~12/22(金)

 

返却日:2024年1月9日(火)

2023_2

2023年10月12日 (木)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「アートな絵本」

飾って眺めるのもよし、プレゼントにしてもよし、もちろん読んでよし!!

そんな大人のセンスを味わえる絵本を集めました。

芸術の秋・読書の秋にぜひ図書館を覗いてみてください。

みなさんのご来館をお待ちしています!

Img_9150

2023年10月10日 (火)

【図書館】絵本コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

『秋の読み聞かせ』

10月10日は「ふとんの日」。

20231010_103554

朝晩、急に寒くなり、おふとんの中が心地よい季節になりました。

おふとん、落ち葉、おいもなど秋の読み聞かせにピッタリの絵本をあつめました。

20231010_100021_2

是非、図書館をご活用ください。

2023年8月22日 (火)

【図書館】展示企画2023年度 第2回

タイトル: 写譜ペン ー浄書楽譜の変遷ー

期間:2023年8月~11月

担当:星美学園短期大学教授 町田 治

  写譜ペンとは楽譜を書くためのペンのこと。楽譜を浄書(清書)するのに使用するペンである。展示①がそれ。ペン先が通常の字を書くペンより太くなっている。このペンに慣れると、通常のペンで書くより速く楽譜を書き上げることができるのである。

 写譜ペンを愛用した作曲家は多い。展示②はバッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻第13曲の前奏曲BWV882の自筆譜である。バッハの自筆譜は分かりやすく書かれ、整然とした美しさで定評がある。

 展示③は私が写譜ペンを使用した最後の頃の楽譜。展示④は現在本学図書館が所蔵している写譜ペンで版下が作られた楽譜である。つい最近まで写譜ペンは現役であった。

 展示⑤は現在のような楽譜ができる以前の時代の楽譜で、写譜ペンはかなり昔から使用されていたことが分かる。

 現在はコンピュータ浄書ソフトが開発され、写譜ペンの出番はほとんどなくなった。かく言う私も現在①を使用することは全くない。展示⑥は浄書ソフトによる楽譜。便利できれいに仕上がり、コンピュータならではの便利な付属機能もあるため、浄書を手書きで行うことはもはやないであろう。

 しかし②のような楽譜がなくなるとしたら……。これからの大作曲家の肉筆の楽譜は存在しなくなるのである。作曲家の記念館に愛用した机や椅子やPC、USBはあっても、手書きの楽譜が残らなくなるとしたら、寂しい話である。

20232_4

202322_2

20232_5

参考資料:

②『平均律クラヴィーア曲集Ⅱ』/Johann Sebastian Bach/音楽之友社/1983

④『ドレミファ器楽〈器楽合奏用楽譜〉さんぽ「となりのトトロ」より』
   /久石譲作曲,山下国俊編曲/ミュージックエイト/1990

⑤『人間と音楽の歴史Ⅲ(中世とルネサンスの音楽)第5巻多声音楽の記譜法』
   /ハインリヒ・ベッセラー,ペーター・ギュルケ著/音楽之友社/1985

2023年7月 7日 (金)

【図書館】夏期休業期間のお知らせ

図書館は8月1日(火)~9月18(月・祝)まで夏期休業期間といたします。

 

休業期間中の開館は、次の通りです。

 

開館日 : (開館日カレンダーを参照)

 

時 間  : AM9:00~PM15:15

 

なお、夏期休館にともない、学生を対象に特別長期貸出を行います。

 

期 間    : 7月14日(金)~8月4日(金)

 

貸出冊数 : 8冊

 

返却日   : 9月19日(火) 

2023

学生のみなさま、夏休みに本をたくさん読んでくださいね♪

2023年7月 3日 (月)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました。

今回の特集展示のテーマ

「夏に読みたい本」

20230703_111344

暑い日が続きますね。

今回は本を読み終えたときに、爽やかな気持ちになるようなファンタジーや夏休みがテーマのお話を文庫本でご用意しました。

普段、本を読む時間がないという方々も、この機会にちょっと手を伸ばしてみませんか?

20230703_103907_3

今年も七夕の笹を飾り、短冊をご用意しました。

願い事を書いてくださいね。

ご来館お待ちしております。