09_図書館

2022年5月10日 (火)

【図書館】絵本コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「たべたいのなーに?」

20220510_084908

食べ物が登場する絵本といえば「ぐりとぐら」のほかほかのきいろいかすてら、驚くほど大きなサイズの「ジャイアント・ジャム・サンド」等々。。
絵本の中に登場する食べものって、どうしてこんなに美味しそうなのでしょう。

ロングセラーの絵本はもちろん、かわいらしい絵本や、笑っちゃうお話まで集めました。
みなさんの「たべたいのなーに?」を探してみてください。

ご来館お待ちしております!

20220510_084345


また、図書館では紙芝居舞台も貸出しています。ぜひ、ご活用下さい。

2022年4月26日 (火)

【図書館】臨時休館のお知らせ

いつも図書館を御利用頂きありがとうございます。

直前のお知らせとなり申し訳ございません。

諸事情により、明日4/27日は9:00~14:00頃まで臨時休館させて頂きます。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

2022年4月25日 (月)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました。

今回の特集のテーマ

「就活・キャリア」

先日、専攻科では就活に向けての授業が行われ、いよいよ就活が本格的になってきました。

20220425_094558_2

図書館には「就活・キャリア」という本棚が常設されているのはご存じでしょうか。

20220425_094641_3

教職員のおすすめ本はもちろん、一般常識、エントリーシートの書き方、キャリアデザイン、マナーの本や人生訓まで揃えています。

就活が迫ってきたみなさん、まだまだ先というみなさん、是非、図書館の「就活・キャリア」コーナーをご活用下さい。

合わせてブックリストもご活用下さい↓

ブックリスト「就活・キャリア」

2022年4月 5日 (火)

【図書館】展示企画2022年度 第1回

タイトル:

『サレジアン・シスターズ創立150周年を迎えて』

―マリアと共に(1872-2022)―

期間: 2022年4~7月

担当: 星美学園短期大学教授 田中直美

 星美学園の設立母体である扶助者聖母会(通称 サレジアン・シスターズ)は今年、創立150周年を迎えます。北イタリアの小さな村モルネーゼで、聖ヨハネ・ボスコ(通称 ドン・ボスコ 1815-1888)の手によって設立されたこの小さなグループは、のちに世界中に広がる大きな家族となりました。その最初の11人のグループの一人であり、のちに教会から修道会の「共創立者」と認められた聖マリア・ドメニカ・マザレロ(1835-1881)の後に続くサレジアン・シスターズは、現在11,535人にのぼり、5大陸97か国で若者の教育に邁進しています(展示のマップをご覧ください)。

この記念すべき年に当たり、今回の展示では、その初期の頃の歴史を記した『扶助者聖母会 編年史(クロニストリア)』1巻~5巻1)~5)を展示させていただきます。それは、サレジアン・シスターズ来日90周年の開始の年(2018年)から2020年にかけて日本語訳の完成版が順次出版されたものです。原本はイタリア語で第1巻6)が1974年に出版されています。『クロニストリア』第1巻は、創立者ドン・ボスコの少年期の頃から神は女子修道会設立の芽をその心に植えられていたという出来事(1828年)から始まり、第5巻の創立者の死の年(1888年)で終わっています。修道会の創立前が44年間、創立後は16年間の歴史ではありますが、のちに全世界で宣教活動・教育活動を繰り広げるために、揺籃期にその精神がいかに大事に育まれたかということが読み取れます。

歴史はこの本の中に収められています。しかし、未来はここから羽ばたくのです。93年前にこの遠い日本の地にもその種は運ばれ、星美学園として今も歩み続けています。

10年前の創立140周年を記念して出版された『CON I GIOVANI SULLE VIE DEL MONDO』(伊版のみ タイトルの私訳「世界の道で若者たちと共に」)も展示致します。この150周年を記念してどのような物が出版されるか楽しみです。ショウケースの中の人形たちは、サレジアン・シスターズの修道服の変遷を表しています。徐々に、若者たちと活動しやすいかたちに変わってきていますね。ご覧ください。

20220329_a

 

20220329_c_2

参考文献

 1) CAPETTI G.(原文監修) 扶助者聖母会日本管区(訳) 『クロニストリア 1』文昌堂 2018.12.14

2) CAPETTI G.(原文監修) 扶助者聖母会日本管区(訳) 『クロニストリア 2』文昌堂 2019.10.15

 3) CAPETTI G.(原文監修) 扶助者聖母会日本管区(訳) 『クロニストリア 3』文昌堂 2019.12.14

4) CAPETTI G.(原文監修) 扶助者聖母会日本管区(訳) 『クロニストリア 4』文昌堂 2020.8.5

 5) CAPETTI G.(原文監修) 扶助者聖母会日本管区(訳) 『クロニストリア 5』文昌堂 2020.8.5

 6) Istituto Figlie di Maria Ausiliatrice“CRONISTORIA La preparazione e la fondazione 1828-1872”Scuola tipografica privata FMA - Roma 1974

 7) Istituto Figlie di Maria Ausiliatrice“CON I GIOVANI SULLE VEIE DEL MONDO”Tau Editrice -Todi(PG)  2012

2022年1月19日 (水)

【図書館】特集展示コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「保育に役立つおりがみの本」

5回で折れるシンプルなもの、高度なもの、作って遊べるものや壁面飾りもあります。

図書館では、保育に役立つおりがみの本をたくさんそろえていますので、

みなさんぜひご活用ください。ご来館をお待ちしています!

Img_5616

2022年1月17日 (月)

【図書館】春期休業期間のお知らせ

21日(火)~43日(日)まで春期休業期間といたします。

休業期間中の開館は、次の通りです。

*************************

開館日 : (開館日カレンダーを参照)

時 間  :  9:00 ~ 15:30

*************************

 clover1年生および専攻科へ入学予定の方へ

1月21日(金)より、春期休業貸出を以下のとおり開始します。

貸出冊数 : 8冊

返 却 日 : 4月6日(水)

*************************

 clover 卒業予定者(2年生および専攻科生)の方へ

(ただし、期日までに返却することが可能な学生のみとします。)

最終貸出日は、1月28日(金)

最終返却日は、2月18日(金)

20220117_123918

2022年1月11日 (火)

【図書館】絵本コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「とら・寅・トラ」

 年の今年は、目先のことにとらわれず、色んなことにトライする一年にしたいですね。

図書館では「とら」にちなんだ絵本を集めてみなさんのご来館をお待ちしております。

20220111_101536  20220111_101951

2021年12月 7日 (火)

【図書館】冬期休業についてのお知らせ

12月25日(土)~2022年1月5日(水)の期間、図書館は冬期休館いたします。

冬期休業期間中の開館日はありません。

なお、冬期休館にともない、学生を対象に下記の通り特別長期貸出を行います。 

snowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

冊数:8冊

期間:12/10(金)~12/24(金)

返却日:2022年1月11日(火)

snowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

20211206_145136

学内の掲示板、図書館にも掲示しますのでご覧ください。

2021年12月 3日 (金)

【図書館】絵本コーナーを更新しました。

今回の特集コーナーのテーマ

「クリスマスのしかけ絵本」

 寒さが深まり本格的なクリスマスシーズンがやってきましたね。

今回はクリスマスのしかけ絵本を集めました。 

しかけ絵本は読んで見て楽しむのはもちろん、飾るだけでも雰囲気を盛り上げてくれます!

絵本を手にとってクリスマスをお祝いしませんか?

図書館ではクリスマスの飾りつけをし、みなさんのご来館をお待ちしています。

20211203a

20211203b

2021年12月 1日 (水)

【図書館】展示企画2021年度第3回

タイトル: 家族のこころの病気を子どもに伝える絵本

期間  : 2021年12月~2022年3月

担当  : 星美学園短期大学専任講師 渡邉孝継

近年,「5人に1人は一生の間にうつ病や統合失調症といった精神疾患にかかる」と言われるようになりました。これは,平均すればどの家庭でもごく近い親族に1人かそれ以上が精神疾患に罹患しているということを意味しています。精神疾患は,今やとても身近なものです。そのため,保育現場でも精神疾患を抱える保護者はめずらしくありません。担任をしていらっしゃる先生であれば,担任しているクラスの子どもの中には,パパ・ママが精神疾患を抱えている子どもがいます。

保護者が精神疾患になったとき,子どもはどのように考えるでしょうか。実は多くの子どもは,「パパ・ママが変になったのは,ボク・ワタシが悪い子だから」とひそかに自分を責めます。子どもは心配ごとを自分に結びつけやすいのです。「ボク・ワタシの努力が足りないからパパ・ママが変になっているんだ」と感じると,子どもは、家ではパパ・ママの機嫌を伺い,神経を擦り減らしながら波風が立たないように過ごします。これは,子どもにとっては強いストレスとなります。そうすると,幼稚園・保育所(園)でリラックスするようになります。結果として,幼稚園・保育所(園)で我を出し行動が不安定になってしまう子どももいれば,とても大人しくなってしまう子どももいます。

子どもが自分のことを責めることがないよう,子どもに心の病気のことをわかりやすく伝える必要があります。そのためには,「アナタのせいじゃないんだよ」と伝えてくれる人が必要です。今回紹介する絵本には,このようなときの子どもの心理状態と子どもとの関わり方がわかりやすく描かれています。

パパとママが精神疾患を抱えていて,子どもが辛い思いをしている。そんなときに,皆さんならどうするかを考える機会になればいいなと思います。

12a

12b

参考文献

①プルスアルハ・細尾ちあき・北野陽子(2012).ボクのせいかも...─お母さんがうつ病になったの─ ゆまに書房

②プルスアルハ・細尾ちあき・北野陽子(2013).お母さんどうしちゃったの?─統合失調症になったの・前編─ ゆまに書房

③プルスアルハ・細尾ちあき・北野陽子(2013).お母さんは静養中 ─統合失調症になったの・後編─ ゆまに書房

④プルスアルハ・細尾ちあき・北野陽子(2014).ボクのことわすれちゃったの?─お父さんはアルコール依存症─ ゆまに書房