« 【図書館】絵本コーナーを更新しました。 | メイン | サークル「マリア救援隊」の活動報告とお願い »

2021年10月14日 (木)

【学長からのメッセージ2021.10】「私」は「自分の命」で生きている?

Dsc_0210_1_6

星美学園短期大学 学長 阿部健一


夏の間咲いていた朝顔も、やがて枯れて土に還っていきます。

そこからこぼれ落ちた種は、また、来年の夏に、花を咲かせることでしょう。

突然ですが、ここで問題です。

来年咲く朝顔は、今年咲いた朝顔と同じ朝顔でしょうか、違う朝顔でしょうか?

「今年咲いた朝顔は、枯れて土に還ってしまったのだから、来年咲く朝顔は、新しく咲く朝顔で、今年とは違う朝顔だ」という見方もできますが、それは正しいでしょうか。

今年咲いた朝顔は、朽ち果てて無になったのではなく、種に変身し、来年また、種から花へ変身していくと考えれば、今年の朝顔も来年の朝顔も、同じ朝顔であるといえるでしょう。

もし、朝顔がおしゃべりできたら、きっとこう言うことでしょう。

「咲く花は年によって違うけどね、ずーっと、ずーっと、ずーっと、わからないくらい昔から、「私」は、「私」なんだよ」

また、その年に咲く朝顔の花は、きっとこう言うことでしょう。

「私を咲かせているのは、私の命じゃないですよ。私を咲かせる「命」によって、咲かせてもらっているのです。」

朝顔を通して「命の有様」を考えてみると、「私の命は、私のもの」とも、「私の命は、父母からいただいたもの」とも、言い切れないように思います。

ずーっと、ずーっと、ずーっと、わからないくらい昔からの「命」が、今、ここに、私を生かしている。そして、その命は、私だけでなく、みんなを生かしてる、あるいは、みんなを生かしてきた、あるいは、みんなを生かしていく、そう考えるのが自然なのではないでしょうか。

そして、そう考えるとき、生きるということや死ぬということが、少し見えてくるように思います。


【関連記事】
学長が語る 障がい児保育
第1回~第8回(最終回)


https://www.seibi.ac.jp/college/

星美学園短期大学

学長からのメッセージ

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31