« 2021 Web☆オープンキャンパスレポート(動画)をリニューアル! | メイン | 【重要:20210729更新】夏期休業期間中の新型コロナウイルス感染症の対処について »

2021年7月28日 (水)

【学長からのメッセージ2021.7】自分を人と比較しない生き方

Dsc_0210_1_6

星美学園短期大学 学長 阿部健一


 私は、40歳過ぎまで、自分を、人と比較しながら生きてきました。自分が人より恵まれていれば「幸せ」、自分が人より恵まれていなければ「不幸せ」という具合でした。今考えると、その幸せは、つまらない優越感に過ぎず、その不幸せは、つまらない妬みや嫉妬心にすぎなかったわけです。

これは、なにかおかしい。自分の幸せや不幸が、他人との比較で決まるなんて。何かが間違っている。40歳過ぎて、やっとそのことに気づいたのでした。たった一回しかない人生なのに、こんな自分のままで死んでいくと思うと、ぞっとするような恐怖を感じるようになったのです。

聖書の中に、イエスが語った、ブドウ園で働く人の話があります。

ブドウ園の主人が、ブドウの刈り入れのために、朝早く町の広場に来て働き手を探して雇います。夕方、主人が広場に来てみると、まだ働き口の無い人たちがいたのでその人も雇います。

仕事が終わって、賃金を払うとき、主人は、夕方から働いた人にも、朝から働いていた人と同じ賃金を払いました。

すると、朝から働いていた人たちが、それはずるいと主人に文句を言い始めるのです。

なぜ、文句を言うのでしょう。

それは、自分と人とを比較する心があるからです。人が自分よりいい目を見るのが許せないし、そのようなことをする主人も許せないのです。

この朝から働いて文句言う人は、誰でしょう。これこそ、40歳過ぎまでの私です。 

よくよく考えてみれば、夕方から働いた人が、朝から働いた自分と同じ賃金をもらったって、私にとって、本当はどうでもいいことなのです。

賃金を払うのは、私ではなく、ブドウ畑のご主人なのです。ご主人がそうしたいというのだから、それでいいのです。 

だいいち、私は、ちゃんと約束通りの賃金をもらえたではないですか。文句を言う筋合いはないのです。主人が、他の人にいくら払おうがどうでもいいこと。

「優しいご主人でよかったよね。遅く来たのに、同じように、一日分のお金をもらえたなんて」と、一緒に喜んだらいいのです。


【関連記事】
学長が語る 障がい児保育
第1回~第8回(最終回)


https://www.seibi.ac.jp/college/

星美学園短期大学

学長からのメッセージ

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31